第1回世界と出会う玉手箱を開催しました

9月4日(水)にRIFAとJICA(独立行政法人国際協力機構)共催の「世界と出会う玉手箱」を、栗東市立大宝西小学校区で行われている“大宝西ふれあい子ども広場”内にて開催しました。

ボリビア出身の音楽家のミゲル・リマさんと、青年海外協力隊員としてボリビアで2年間ボランティア活動をされていた浦田広美さんを講師に迎え、ボリビアのお話を聞かせていただいたり、ボリビアの音楽とダンスを、約40人の子どもたちに楽しんでもらいました。

第2回「世界と出会う玉手箱」は、11月10日(日)栗東芸術文化会館さきらシンボル広場にて開催します「世界と出会う交流広場」内にて、アフリカのしおり作りのワークショップを行う予定です。またステージ発表では、タンザニアの音楽演奏も予定していますので、皆さまのご来場をお待ちしています。


This entry was posted on 火曜日, 9月 10th, 2013 at 13:24 and is filed under 最近の活動の様子. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.