異文化交流サロン& Japanese Cookingを開催しました

2014年1月12日(日)に、ひだまりの家と共催で「異文化交流サロン&Japanese Cooking」を開催しました。今回のこのイベントは、ひだまりの家の地域の方と、RIFA会員、そして外国籍住民の方との交流の場を持ちたいということで企画しました。

午前中は、ひだまりの家の女性部の6名の方にご協力いただき、地域の郷土料理「美里汁」をレクチャーしていただきました。美里汁とは、10種類の具材を入れた豚汁のような味噌汁です。外国籍の方は普段日本料理を作る機会があまりないようで、日本食作りを楽しまれていました。大きいお鍋で作った美里汁は格別に美味しくできました。昼食は他にも、手巻き寿司やぜんざいもあり、参加者の皆さんはお腹いっぱいの様子でした。

開催の日はちょうど栗東市の成人式の日で、成人式を終えた振袖姿の女性が来られ、外国籍の方は皆さん一緒に記念撮影をされていました。やはり”着物”は世界でも人気ですね。日本で成人は20歳ですが、参加されたメキシコ、インドネシア、アメリカではそれぞれ成人と認められる年齢は違うようで、お祝いをするのは女性だけ、という国もあるようです。所変われば文化も違う、そんなお話を交えながらの楽しい異文化交流の時間となりました。

午後からは、書き初めに挑戦。筆を持つ機会が減ってきた今日、書き初めで一年の抱負を筆に込めました。外国籍の方の中には初めて挑戦する方もおられ、貴重な経験になりました、と喜んでくださいました。個々で練習したあと、大きな紙に先生が「新春」と達筆で書いてくださり、その回りに寄せ書きのような形で、参加者は思い思いの文字を書き、一つの大きな作品が完成しました。


This entry was posted on 火曜日, 1月 14th, 2014 at 15:18 and is filed under 最近の活動の様子. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.