異文化交流サロン うどん道場&すいか割り 2012.9.2(日)

9/2(日)コミュニティセンター葉山にて、第39回異文化交流サロン”うどん道場&すいか割り”を実施しました!

JICA(独立行政法人国際協力機構)のメキシコ研修生2名と、中国の方4名を含む、31名の方にご参加いただきました。

うどん打ちでは、栗東の”もんぺおばさん”の愛称で知られる中井あけみさんを講師に迎え、うどん打ちを教えていただきました。

こねたり、伸ばしたり、切る作業は慣れていないとなかなか大変でしたが、自分たちで打ったうどんは格別に美味しかったです。

お腹いっぱいになったあとは、メキシコや日本のゲームで交流を図りました。

彦根発祥のカロムや、百人一首、花札などの日本のゲームをメキシコや中国の方と一緒に楽しみました。

また、メキシコのゲームロテリア(ビンゴゲームのような遊び)はメキシコの方から教えていただき、大変楽しい時間でした。

その後はお待ちかね、すいか割りです!

中国やメキシコの方にとっては初体験のすいか割り。皆さんの声を頼りに、見事割ることができました。

うどんでお腹いっぱいでしたが、よく冷えた甘~いすいかは別腹です。

大変有意義な楽しい時間を過ごすことができました!!!


This entry was posted on 金曜日, 9月 7th, 2012 at 11:44 and is filed under 最近の活動の様子. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.