Archive for the ‘最近の活動の様子’ Category

第7回世界と出会う交流広場in滋賀がいいもん市を開催しました

12月14日(日)11:00~15:00 栗東芸術文化会館さきらシンボル広場に於いて、RIFA最大イベント「世界と出会う交流広場in滋賀がいいもん市」を開催しました。当日は相当冷え込んだ為出にくい中ではありましたが、来場者の方には多彩なステージと多国籍料理の屋台をお楽しみいただきました。

ステージは、中野副会長のアドリブ満載のMCで幕を開けました。RIFAの名コンビによる世界の歌、本場仕込みのインド舞踊、餅つき体験、なるどクワイアによるサンタの衣装でのクリスマスソングメドレー、約60名による栗東西中学校のブラスバンド部の演奏と華々しいステージ発表が続きます。今回はJICA関西の協力を得て、民族衣装ファションショーも大変盛り上がりました。最後は、クリスマスカラーの衣装に身を包んだエキゾチックなベリーダンスを披露していただき、ステージは幕を閉じました。

屋台では、RIFAはぜんざいときな粉餅の販売をしました。お餅はもちろんその場で搗いたつきたてのお餅で、行列もできるほどの好評ぶりでした。今回初めてハローキッズと共催し、ALTの先生2名に協力いただき、”英語でお買い物”ということで、クリスマスにアメリカでよく食べられるジンジャークッキーの販売をされていました。他にも、ブラジルパンや、トルコのケバブ、メキシコのタコスや、から揚げなど多国籍の料理が味わえる屋台も大好評でした。

 

大宝西ふれあい解放文化祭に栗東ロテリアブース参加しました

10月18日(土)と19日(日)に栗東市ひだまりの家でふれあい解放文化祭が開催されました。

屋外では地域の方による模擬店や、屋内会場では啓発劇や人権寸劇、展示等があり、たくさんの方で賑わっていました。

RIFAは19日(日)に栗東ロテリアのゲームブースで参加しました。

地域の子供たちを中心にたくさんの方に、栗東ロテリアで自分の住んでいるまち”栗東”のことを楽しく学んでもらうことができました。

異文化交流サロン~旅~を開催しました

9月21日(日)33名の方に参加いただき、バスで神戸市にあるJICA関西と北野工房を訪問しました。

JICA関西では、JICAの概要説明、施設見学、青年海外協力隊としてウガンダで3年間野球指導をされていた方のお話を聞きました。

年間90件ほど学校や団体等からの施設訪問があり、約2000人の外国人研修生の受け入れを行っているそうです。

食堂では月替わりでエスニック料理のランチをいただけます。9月はウルグアイ料理で、参加者皆さんで舌鼓。

参加者の皆さんは、青年海外協力隊やシニアボランティアに大変興味を持たれていました。今回の参加者の中から志願者が現れるかも!?

午後からは、北野工房のまちを訪問。

児童数の減少で廃校になった小学校校舎を利用し、現在は神戸のスイーツなどを買って、食べて、そして小物などの手作り体験ができるレトロでモダンな空間です。

ここでは2時間の自由時間を取り、近くの異人館を訪れたり、それぞれ思い思いの自由時間を過ごしました。

RIFAでは数年ぶりにバスツアーに出かけ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

Let’s栗東ロテリア&マジックショーを開催しました

6月28日(土)に栗東国際交流協会とコミュニティセンター大宝共催で「Let’s栗東ロテリア&マジックショー」のイベントを開催しました。

栗東ロテリアを通して、栗東市に住んでいても知らない施設や場所などを、地域の皆さんと一緒に楽しく学ぶことができました。

ゲームのあとは、RIFA会員によるマジックショーを楽しみました。目の前で起こる不思議なマジックに子どもたちは興味津々でした。

今後も随時「Let’s栗東ロテリア」を開催予定ですので、皆さんもぜひ一度栗東ロテリアで遊んでみてください!

呈茶&Let’s栗東ロテリアを開催しました

6月21日(土)に栗東国際交流協会とコミセン治田東共催で「呈茶&Let’s栗東ロテリア」のイベントを開催しました。当日は、RIFA会員さんをはじめ、一般参加者の方々、外国籍の方総勢31名の方にご参加いただきました。

静寂な雰囲気の中、お点前を教えていただきながらお茶席を楽しみました。お子さんや外国籍の方には、実際にお茶のたて方を体験していただきました。

その後、RIFAで製作しました「栗東ロテリア」のゲーム大会をしました。栗東ロテリアとは、栗東市内の観光名所や特産物を一致させるカードゲームです。“栗東”を楽しみながら学ぶことができます。

日本語と英語の併記ですので、外国籍の方も一緒に楽しめます。上位の方には、栗東市特産の蹄鉄クッキーとイチジクジャムの景品を贈りました。

今後も随時「Let’s栗東ロテリア」の開催をし、普及活動をしていく予定です!

 

栗東ロテリアの紹介が新聞に掲載されました!

4/11(金)の京都新聞に、平成25年度一年間かけて製作してきた”栗東ロテリア”の紹介を取り上げていただきました。

楽しく栗東の名所等を学べるツールとして、たくさんの方に知っていただければ嬉しく思います。

5月からは貸出しを考えていますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

栗東ロテリアが完成しました!

メキシコ発祥のゲーム”ロテリア”の栗東バージョン”栗東ロテリア”を、約10名のプロジェクトメンバーと共に一年間かけて作成してきました。栗東ロテリアとは、栗東の名所や特産物(全54項目)を集約したゲームで、老若男女、そして外国籍の方も栗東を楽しく学ぶことができます。B4サイズの手元カード(16枚の絵柄があります)と読み札を一致させる、ビンゴゲームのような遊びです。

何度も会議を重ね、写真撮影に出かけ、ついに完成した”栗東ロテリア”を手にしたプロジェクトメンバーは感動もひとしおでした。来年度は貸し出しができるよう調整をすすめていますので、ぜひ皆さん手に取って遊んでみてください。他にも、たくさんの方にこのゲームを知っていただけるよう、市内のコミュニティセンターや地域のイベントに出かけ、Let’s ロテリア(ロテリアで遊ぼう)のイベントを企画中です。このゲームを通じて、栗東の知らなかった一面を発見できます!

第3回世界と出会う玉手箱を開催しました

2月15日(土)10:00~12:00コミセン大宝東(栗東駅前ウイングプラザ3階)にて、JICAと共催で第3回世界と出会う玉手箱 感じようフィリピン ~伝えようみんなの想い~を開催しました。

青年海外協力隊員として、フィリピンで2年間活動をされていた沖浦真弓さんと、三越清道さんを講師に迎え、フィリピンについて楽しく教えていただきました。

フィリピンはたくさんの島から成る国で、多民族、多言語の国です。同じ国、同じ島内でも違った言語が話されており、、日本の方言程度の違いではなく、単語そのものの言い方も違うそうなので、驚きです。フィリピンの方は他言語に対する抵抗がないので、言語習得がとても速いそうです。うらやましいですね。

お二人が2年間活動された中で、フィリピンから学んだことを教えていただきました。

・貧しい=不幸ではない

・自らの「意思」を持つ大切さ

・違いを認め、違いを楽しむ

・みんな違ってみんないい!

お話を聞き、いろんな写真を見せていただいて、フィリピンの方のおおらかさや人懐っこい笑顔がとても印象的でした。

お話のあとは、4つのグループに分かれ、フィリピン関連のアイテムにまつわるクイズを当てるワークショップをしました。

バナナの繊維からできた礼服、お菓子の袋を編んで作った財布、庶民的な交通手段の乗り合いバスなど、日本では見かけないものばかりで、皆さん驚きの連続でした。

最後に、昨年11月に発生した猛烈な台風被害のお話がありました。現在沖浦さんを代表として「フィリピン支援チームびわこ」というチームが結成され、募金活動を中心に活動されています。

詳しくは、こちらのHPをご覧ください。

http://pinoy2013.org/

被災されたフィリピンの方へ参加者みなさんで一刻も早い復興を願い、メッセージを書きました。

お子さんから大人の方まで、楽しく、そしてたいへん学ぶことの多い2時間となりました。

 

 

 

 

RIFA会員の集いを開催しました

2014年2月9日(日)18:30~栗東駅前のお洒落なダイニングバーAZICAにて、RIFA会員の集いを開催しました。

昨年10月に来市された、姉妹都市アメリカミシガン州バーミングハム市の使節団員クリスチャン・ワ―スさんのホストファミリーをされた小松原賢治さんによる体験談と、長谷川宏さんによるペルー旅行のお話を、写真を見ながら参加者皆さんで楽しく聞かせていただきました。

使節団員のクリスチャンさんと共に過ごされた5泊6日間。ベジタリアンの方なので食事面での配慮や、お酒がお好きなので毎晩一緒に晩酌されたお話、一緒に出かけられた時のエピソードなど、ホストファミリーだからこそわかる貴重な体験をたくさんお話くださいました。

ペルー旅行に行かれていた長谷川さんは、マチュピチュや、地上絵をセスナ機に乗り上空から見学されたときの様子をお話くださいました。常に訪れてみたい場所のトップに挙げられるペルーのお話に、皆さん興味津津で聞き入っている様子でした。

楽しい国際交流のお話をしながら、来年度もRIFAの活動を会員の皆さんと共に更に盛り上げていきたいと思います!

異文化交流サロン& Japanese Cookingを開催しました

2014年1月12日(日)に、ひだまりの家と共催で「異文化交流サロン&Japanese Cooking」を開催しました。今回のこのイベントは、ひだまりの家の地域の方と、RIFA会員、そして外国籍住民の方との交流の場を持ちたいということで企画しました。

午前中は、ひだまりの家の女性部の6名の方にご協力いただき、地域の郷土料理「美里汁」をレクチャーしていただきました。美里汁とは、10種類の具材を入れた豚汁のような味噌汁です。外国籍の方は普段日本料理を作る機会があまりないようで、日本食作りを楽しまれていました。大きいお鍋で作った美里汁は格別に美味しくできました。昼食は他にも、手巻き寿司やぜんざいもあり、参加者の皆さんはお腹いっぱいの様子でした。

開催の日はちょうど栗東市の成人式の日で、成人式を終えた振袖姿の女性が来られ、外国籍の方は皆さん一緒に記念撮影をされていました。やはり”着物”は世界でも人気ですね。日本で成人は20歳ですが、参加されたメキシコ、インドネシア、アメリカではそれぞれ成人と認められる年齢は違うようで、お祝いをするのは女性だけ、という国もあるようです。所変われば文化も違う、そんなお話を交えながらの楽しい異文化交流の時間となりました。

午後からは、書き初めに挑戦。筆を持つ機会が減ってきた今日、書き初めで一年の抱負を筆に込めました。外国籍の方の中には初めて挑戦する方もおられ、貴重な経験になりました、と喜んでくださいました。個々で練習したあと、大きな紙に先生が「新春」と達筆で書いてくださり、その回りに寄せ書きのような形で、参加者は思い思いの文字を書き、一つの大きな作品が完成しました。

You are currently browsing the archives for the 最近の活動の様子 category.